サプリメント

悪玉と呼ばれる由縁

ldlコレステロールについて

ldlコレステロールは悪玉コレステロールともよばれ、増加しすぎると血管内に溜まって動脈硬化を進行させます。このため毎年の健康診断でコレステロール値が高いと診断される人は命に関わる問題を抱えていることになります。ldlコレステロールの値が高くなる原因は食べ物の摂取量が多いことが原因と言われていますが、食べ物の摂取よりも体内で作られるldlコレステロールの割合が高いとされています。但し過剰に摂取するとエネルギーとして消費しきれず脂肪としてたまり結果、ldlコレステロールが溜まります。またアルコールも摂取しすぎると中性脂肪も増えてldlコレステロールが増える原因となります。喫煙も同様に中性脂肪の合成を促進し、ldlコレステロールを増やします。

値を下げる方法について

ldlコレステロールを増やさない方法としては食べ過ぎないこと、お酒を飲みすぎないこと、喫煙を控えることが主な対策となります。また増えてしまった体内のldlコレステロール値を減らす方法としては有酸素運動が有効です。激しいスポーツをする必要はなく、ジョギングなど毎日30分以上続けることが有効です。運動すると中性脂肪とldlコレステロールの値を下げることができ、また最近よく聞く肥満症のメタボ予防にもなります。定期健康診断で特にldlコレステロール値が高い場合や複数年検診で指摘された人は病院へ通いコレステロールを低下させる薬を処方されますが、筋力の低下などの副作用を発症することがありますので危険を伴います。