サプリメント

生活習慣を取り戻す

官民を挙げた取り組み

コレステロールにはHDLコレステロールとLDLコレステロールとがあり、このうち悪玉コレステロールと言われるものがLDLコレステロールです。悪玉コレステロールが血管内に一定基準以上蓄積した状態を脂質異常症と呼び、様々な疾患に繋がることが分かっています。 このため悪玉コレステロールの血中値は健康診断でも計測される事が多く、40代から70代までの年齢の人を対象に行われる特定健診では必ず検査される項目となっています。 脂質異常症は動脈硬化などの血管障害を引き起こすリスクが高まるため、その早期発見と治療や生活習慣の改善が不可欠です。官民を挙げての取り組みが続いており、早期に的確な対処と生活習慣の見直しを行うことで、悪玉コレステロールの値を正常値まで落とすことが十分可能です。

悪玉コレステロールとサプリメント

脂質異常症の原因となる悪玉コレステロールの血中内の数値は、血液検査で簡単に知ることができます。検査でコレステロールが基準値を越えている場合は、医者の助言に従いつつ生活習慣の改善を行っていくのが最も重要な脂質異常症の対策となります。 生活習慣の改善は食習慣では高脂質な食品を避け、野菜や青魚などの摂取が推奨されています。また肥満の解消や禁煙を行うなども有効な対策として多くの人が取り組んでいます。 最近ではさらにサプリメントを摂取することで、悪玉コレステロールを減らす取り組みをしている人もいます。青魚に多く含まれるDHA・EPA配合のサプリメントやアスタキサンチン配合のサプリメントも有効です。 サプリメントによる悪玉コレステロール対策は、他の生活習慣改善と組み合わせて出来る手軽な対策とあり、今後さらに取り組む人が増えると見られます。